web拍手 by FC2

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

デザインの参考にしている本

  • 2010/12/18(土) 11:52:03

レトロ系なつかし系の本の紹介です。
私は一昔前のデザインや色が好きです。

どうってことなく思えるほど目に馴染んでいるものも
多数とりあげられていますが、
あらためて単体でじっくり見てみると、
そのデザインの意外なかわいらしさや斬新さに
気づかせられます。

レトロなつかしダイアリーレトロなつかしダイアリー
(2005/12/16)
佐々木 ルリ子

商品詳細を見る



私はこの本の世界のリアルタイム世代ではありませんが、
昔、祖母の家に行くと、こんな感じだった記憶はあります。
なので、なつかしさと新鮮さが半々です。
チューリップ柄の壁紙なんてあり得るのか?白いギターって?
でも、花柄のなべや炊飯器に関しては、
ああ~、そういえば、見たことある!という感じです。
全般にうらやましいです。
こんなかわいいものに囲まれて生活していたなんて。
今売られているものより私の好みです。
楽しきわが家―少女スタイルBOOK (らんぷの本)楽しきわが家―少女スタイルBOOK (らんぷの本)
(2003/05)
宇山 あゆみ

商品詳細を見る



ガムのパッケージというたった数センチ内に
素敵な世界が凝縮されています。
嗜好品の要素が強いので、デザインにも夢があります。
色鮮やかなそれでいてなつかしさを誘うパッケージは
いつまでも眺めていたくなります。
チューイングガムのつつみ―懐かしいチューイングガムのつつみのコレクションチューイングガムのつつみ―懐かしいチューイングガムのつつみのコレクション
(2005/03)
小槌 義雄

商品詳細を見る



商業デザインとはいうものの、
意図のよくわからない?なデザインも
たくさん掲載されています。
そこから今の時代にはないのどかさが漂ってきます。

配色が私の好みすぎて、
配色だけ真似ようかと思います。
この本を見ていると、
一件につき3色くらいもしくはその同系色でまとめるのが、
渋くてよいなあと思います。
日本の商業デザイン―大正・昭和のエポック日本の商業デザイン―大正・昭和のエポック
(2006/06)
不明

商品詳細を見る



図案好きの私にとって和菓子は生きた図案という感じです。
京都和菓子手帖 (act books)京都和菓子手帖 (act books)
(2008/06/30)
佐藤紅

商品詳細を見る



ふだん目にする現代的な配色とは一味異なる色使いに
イメージがふくらみます。
配色バイブル和テイスト配色バイブル和テイスト
(2005/10)
早坂 優子

商品詳細を見る



どんなに悲しいことがあったときも、
この本を開けば、いやされます。
商品パッケージをつくった人々の
工夫、熱意、夢、ユーモア、ときには迷いなどが見て取れ、
人間って面白いなあというところまで思います。
著者の解説も必読です。
スーパーマーケットでかわいい買い物スーパーマーケットでかわいい買い物
(2008/10)
西世古 桂子

商品詳細を見る



このブログの図案のトレース元である野ばら社・図案集です。
表紙の思案気味のたこと裏表紙の無表情なアンモナイトに萌えです。
図画辞典図画辞典
(1994/10)
今村 佳子岸田 夏子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。